Kizuna-Dream

ありのままの心を写す

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

シャクナゲ咲く新緑の大普賢岳 (奈良県上北山村) 本編

大普賢岳アタック-③

大普賢岳アタック3⑲


お待たせしました!
今回和佐叉山のキャンプ場をベースに約10時間の山歩き
以前の弥山双門の山歩きとまではいきませんが
今回も変化にとんだバリエーションルートで楽しい山行になりました

その前に・・・
今回私にとって初のテントデビューとなったのですが
その詳しい記事については同行してくれた先輩の『はぐれ雲さん』の
はぐれ雲のDigital Photo Blog』で公開していただいているので
そちらも参考にご覧下さい~~^^

それでは大普賢岳周回ルート出発しましょう!!

続きは下をクリック!
大普賢岳アタック3⑥
午前6時 キャンプ場上の登山道よりスタートです

大普賢岳アタック①

大普賢岳アタック-①
最初は気持ちのいい新緑の中を歩く
それはまだ修行道への入り口にすぎない・・・


大普賢岳アタック3②
修行の道らしくなってきました


大普賢岳アタック3⑦


大普賢岳アタック3⑧
日本岳のコルにて、ご年配のグループと出会う
リーダーのお母様はなんと70歳!
男性陣5名を引きつれの山行らしいです!
ご苦労様です^^


大普賢岳アタック3⑨
大峰名物の垂直梯子
直登開始です!!

大普賢岳アタック-②


大普賢岳アタック-⑫
石の鼻より大峰台高の山々を望む


大普賢岳アタック②
大普賢岳山頂へ最後の直登梯子

大普賢岳アタック3⑪
頂上へ最後の100mです!


大普賢岳1779.9mピークハントです!!
大普賢岳アタック④

大普賢岳アタック3③
稲村ヶ岳方面を望む
最高の天気です!



大普賢岳アタック⑦
大普賢岳頂上を後にし国見岳、七曜岳を目指す
この稜線歩きがたまらない!


大普賢岳アタック⑧
名物『水太覗』
見晴らしが最高です
しかし足元は・・・ヒェ~~


大普賢岳アタック3⑤
こんな感じです・・・


大普賢岳アタック⑨


大普賢岳アタック3⑫

大普賢岳アタック3⑬

大普賢岳アタック3⑭
さすが大峰直登あり、今度は急降下の鎖場の連続です!

この後稚児泊にて休憩タイム
ここで今後を左右する山ガールのお二人と出会いました^^



大普賢岳アタック-④
山Gもガンガン行きます!

途中今登ってきた大普賢岳を見ながら
『山へおいでよ』ポーズをとってもらう~^^
大普賢岳アタック3⑮

大普賢岳アタック3⑰
七曜岳のピークにて
混雑していました
でも国見岳のピークはいったいどこだったんだろうか???

大普賢岳アタック-⑬
次回アタック予定の近畿最高峰の八経ヶ岳と弥山
左の弥山には弥山小屋が見えています



大普賢岳アタック⑬
橋渡しのうえに普通に座ってますが
山ガールさんの足元は断崖絶壁なんですよ~


大普賢岳アタック-⑧

大普賢岳アタック-⑩

しんどい山歩きもみんなで歩けば
ワイワイガヤガヤ楽しい山行です^^


大普賢岳アタック3⑱
このコース唯一の水場にてしばしの休憩
この後・・・噂の超難関の登り返しが待っているとは・・・

難関を前にしばしの癒し・・・
『水簾の滝』
大普賢岳アタック⑮

大普賢岳アタック⑭


この後このコースでも超難関の登り返しが待っていましたが
登るのに必死で画像ありません。
それくらいきつかったです・・・
最終の疲れたところにやってくるので細心の注意が必要です

ここから約2時間強・・・
やっとの事でベースに戻ってきたのは午後4時半
今回も同行してくれたさん、病み上がりなのにしんどい思いをさせてすいません~
ありがとうございました^^


それに途中で出会った山ガールのお二人さん、
おじさん二人の山歩きを楽しくしてくれてありがとうございました!



大普賢岳アタック⑩
石楠花(シャクナゲ)

大普賢岳アタック-⑨
水辺の定番のメノマンネングサ
すごく小さな花です^^

今度はなんと『槍ヶ岳』を目指すという山ガールのお二人
えぇっ~いきなりですか!
という問いかけに、あれよあれよと・・

槍の登頂経験のある『はぐれ雲さん』、ガイドお願いしま~す
ととと、いきなりの槍行き決定で~す

って、いいんですかぁ~~~(爆笑)
そんなこんなでいきなりですが、この山ガールのお二人と登山部の結成です!

チーム名は

『TEAM Gens d'armri』
『チーム ジャンダルムリ』


と読みます。

槍ヶ岳を目指すなら
いつかは私の憧れであるジャンダルムも登ろう、といったところ
ジャンの画像を見た山ガールのお二人は声をそろえて『ムリ~~』

※ジャンダルムとは
奥穂高岳の西南西にあるドーム型の岩稜で標高は3,163 m

『ジャンダルムはムリ~』ということから
オヤジギャグ込みで
『チーム ジャンダルムリ~』
という事になりました(笑)
かな表記ではダサい感じですが
フランス語表記では
『TEAM Gens d'armri』
中々いけるでしょ^^

でも、でも決して山を甘く見てはいけません!!
やっぱりいきなりアルプスは無謀なので
はぐれ雲さん指導の下
道具をそろえたり
山行トレーニングで夏の槍ヶ岳を目指したいと思います!!



それでは

『TEAM Gens d'armri』

始動です・・・!

テーマ:登山 - ジャンル:写真

  1. 2013/06/03(月) 11:51:00|
  2. 登山・トレッキング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<Blue Moon | ホーム | シャクナゲ咲く新緑の大普賢岳 (奈良県上北山村) 予告編>>

コメント

お疲れ様でした

長編で中身の濃いブログ、、、
楽しく拝見しました

しましたが・・・八経とか弥山とか・・・
次回挑戦なんて、聞いてませんケド(苦笑

まぁ、そんな事より
7月の槍行きが楽しみでも有り
不安でも有り・・・(汗;
  1. 2013/06/03(月) 14:53:00 |
  2. URL |
  3. 雲です #P7ldfwG2
  4. [ 編集 ]

はぐれ雲さん

お疲れ様でした^_−☆
弥山、八経、もちろん行きますよ~一緒に^ ^
大峰台高の山は制覇したいのでお付き合いよろしく~
もちろんバリエーション満載で(爆笑)
アルプスはアルプスで、大峰は大峰で別腹ですのて~^ ^
槍行きが楽しみです!
  1. 2013/06/03(月) 20:15:29 |
  2. URL |
  3. SAMURAI #YrGnQh/o
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://syayan.blog73.fc2.com/tb.php/63-a8314964
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile

SAMURAI

Author:SAMURAI
-camera-
Canon EOS 50D
Canon EOS M

-Lens-
Canon EF17-40mm F4L USM
Canon EF-S18-200mm F3.5-5.6 IS
Canon EF24mm F2.8
Canon EF50mm F1.8Ⅱ
TAMRON SP AF11-18mm F4.5-5.6 DiⅡ
TAMRON SP AF90mm F2.8 Di MACRO

Canon EF-M18-55㎜ F3.5-5.6 IS STM
Canon EF-M22㎜ F2 STM

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

link

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

カテゴリ

滝・渓谷 (18)
登山・トレッキング (10)
風景 (9)
星景 (3)
富士山 (1)
仏像・石像 (1)
神社・仏閣 (1)
花 (8)
街 (1)
ネコ (2)
小物 (3)
登山・トレッキング (アイテム) (4)
未分類 (2)

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。